第7回 TSKI健康のんびりウオークは心身のリフレッシュと共に、発見の散歩でした!

第7回 TSKI健康のんびりウオークは心身のリフレッシュと共に、発見の散歩でした!

6月18日、カラ梅雨のような陽気に集まった10人で5丁目緑道~滝ノ入南公園~4丁目外周~山ノ内~いず

みサロン2km程をブラブラ歩きました。長浜リーダーの野草、樹木に関する詳細な説明に聞き入り、皆さま町内にも、こんなに多数の知らない花々があったのか?と写真を撮っては感激し、時間が経つのも忘れる程でした。終着は「いずみサロン」で、掲示を見て誘い合った初めて参加の方3名も一緒に昼食・お茶しながらワイガヤ!笑いも弾みました。後日、一人住いの方から “普段誰とも話をしないことが2~3日あるが、この日は深~く会話し、良く歩いたので夜はぐっすり寝むれた” と感謝されました。

また皆さまで勉強した成果を花木アルバムにして、その内いずみサロンのミニギャラリー展示しようかな~と。

特筆すべきはご夫婦で散歩中の方に出会い、また公園ベンチに1人で座る方に声掛けし3ケ月前に田舎から息子さんの家に転居したが日中は寂しいのです、との声が聞かれたことなど、町内の実情も判ったことです。序にゴミ拾い、市の道標の汚れに気づき清掃の必要性を感じるとか諸々の発見もありました。

(記録:田中、御法川)

5丁目緑道で説明に聞き入る!

オープンガーデンの方の花々を鑑賞させて頂きました!

「いずみサロン」で昼食&ワイガヤを楽しむ!

丁度満開のタイサンボクの大花を観察

道標の汚れに気づき清掃の必要性を感じる!

初夏 ツツジ花後の緑の保全ボラ活で安全・安心!(H31,6月)

初夏 ツツジ花後の緑の保全ボラ活で安全・安心!(H31,6月)

梅雨入りでも晴れ間が多く夏の水不足が心配され始めた陽気の中、防災、防犯上から住民の要請もあり、子供たちの通学路でもある今泉台1~3丁目地蔵前街路・5号緑地外縁の草刈り・剪定を6月14日、19日の2回に分けて各2時間程、延べ18名が参加して行いました。

丁度真竹が伸び始め、また歩道に覆い被さるまで大木に成長したツツジの花後の強剪定は40年来初めてかも。同時に歩道に掛かるイチョウの若枝も剪定し安心して通行出来るようになり、丁度、野外活動で通り掛かった今小の子供たちからも“有難うございます“と元気な声が掛かり元小学生たちも笑顔が出て疲れが吹き飛びました。

今、満開のアジサイは3~4年前にボラ活で植栽したもので、成長の早さに驚かされますが7月に剪定予定ですので、皆様もご参加頂ければ交流も深まります。

(参加者:今井、根本、今藤各リーダー、尾島会長、大西環境副担当、伊藤市議、小林巳則、佐藤忠則、谷、谷口、記録:柴崎、御法川)

地蔵前付近~こんなに繁っていましたが

休憩・歓談のひと時

綺麗に選定後の様子

大雑把に剪定した中を小学生が安心して通行

残材処理班が見守る中、ツツジの強剪定作業

終了! 笑顔の皆さま

【終了】第2回Open Lab Day(鎌倉リビングラボ)

【終了】第2回Open Lab Day(鎌倉リビングラボ)

鎌倉リビングラボがスタートして2年半がたちました。これまでの取り組みをご紹介するとともに,リビングラボ体験ができるイベント(オープン ラボ ディ)を開催します。

 さらに,今年は今泉台にコミュニケーションロボットがやってきます!リビングラボについて知らない人も,参加したことがある人も,最先端のテクノロジーを体験してみませんか?

 「リビングラボってどんなことをするの?」「参加するにはどうすればいいの?」「私が参加したアレってどうなったの?」という皆さま,ぜひお気軽にご参加ください。

 皆さまのお越しをお待ちしています。(参加無料・事前申し込み不要)

 

○ 日時:2019年6月30日(日)14:00~17:00

○ 場所:今泉台町内会館

○ 内容:第1部 14:00~

         鎌倉リビングラボの活動紹介

     第2部 15:00~

         リビングラボ体験

         ※コミュニケーションロボット大集合

○ お問い合わせ: NPO法人タウンサポート鎌倉今泉台 TEL:0467-44-6079(青木)

                             TEL:0467-41-1835(丸尾)

春の緑の保全ボラ活で防災・防犯・環境を改善!(H31,3月~R1,5月)

春の緑の保全ボラ活で防災・防犯・環境を改善!(H31,3月~R1,5月)

天候不順の今年、例年より早く草木が成長し緑の手入れ時期、場所も難しい中、ベテラン有志の方々は1~3人の個別作業で3丁目地蔵前バス停付近の枝払い剪定、5丁目散在ガ池公園南・朝霧ロードの草刈りを行っております。また5/6丁目・公園飛地のクリーンステーション回りを主体に、会員を含む利用者有志が協働で草刈り軽剪定を行いスッキリしました。同時に偶に会った方同士の会話も生まれました。

また6丁目散在ガ池公園東外周土手のシュロの葉を剪定し花桃を眺められるようにしました。

一方、滝ノ入南公園は子供たちがよく利用し、市内唯一のトイレも設置され防災、防犯上から住民の要請もあったので、5月27日(月)9時30分から2時間程、常連8名で中木に成長した樹々を40年振りに?強剪定し汗を流すと同時に和気あいあいの交流をしました。その間、丁度満開のハコネウツギに群がる蝶々、ゲートボール同好会の方々の声援も受けました。これも健康維持の手段です!

(参加者:今井、根本、国分リーダー、松岡、谷、八巻。写真・記録:柴崎、御法川)

シュロの大樹を剪定

枝払い前:トイレ付近の様子

いずみサロンの庭手入れ(番外)

⇒枝払い後:トイレ、防災倉庫屋根上、周囲が綺麗に!
剪定直後に、小学生の団体がトイレを利用

残材処理に大わらわ

最奥の崖上樹木と藤、アケビ等のツタ類を伐採

春の菜園作業を楽しむ!(H31,3月~R1, 5月)

春の菜園作業を楽しむ!(H31,3月~R1, 5月)

さわやかセンター傍の「新菜園」で3月の堆肥入れから始まった菜園作業は4月に入り面積も2倍に拡張し、毎週木曜日には5~10人の常連で9時30分から2時間程の汗を流すと同時に和気あいあい交流しました。

その間、里芋の畝がカラスに掘り返されて何度も遣り直し、ソラマメに付いたアブラムシの払い落し、キャベツの青虫取りで天手古舞でした。のらぼう菜は成長が早く穂先を積むのが間に合わない位でしたが春先の柔らかさは評判でした。

イチジクの幼木は称名寺さんのご好意で大きな看板の裏に植えられ今後の成長が楽しみです。

一方で山中の耕作放棄地を借用した新しいイベント用の「里山菜園」はスギナと笹との格闘後に深い穴掘り、堆肥、肥料入れに大汗を流しました。そこには手間の掛からないスイカ、カボチャの植付けを分担して手際よく行いました。

 (吉野リーダー、田中サブリーダー、写真・記録:長谷川実、柴崎、御法川)

新たに加わった方も一緒にミニ懇談で交流

5月18日のマルシェ用玉ねぎ等の収穫

草、笹取りに苦労

「新菜園」のある日の収穫風景

新たな「里山菜園」の開墾

深穴掘り後に肥料入れ

新たな「里山菜園」にも苗を植えて一段落の皆さま