春の緑の保全ボラ活で防災・防犯・環境を改善!(H31,3月~R1,5月)

春の緑の保全ボラ活で防災・防犯・環境を改善!(H31,3月~R1,5月)

天候不順の今年、例年より早く草木が成長し緑の手入れ時期、場所も難しい中、ベテラン有志の方々は1~3人の個別作業で3丁目地蔵前バス停付近の枝払い剪定、5丁目散在ガ池公園南・朝霧ロードの草刈りを行っております。また5/6丁目・公園飛地のクリーンステーション回りを主体に、会員を含む利用者有志が協働で草刈り軽剪定を行いスッキリしました。同時に偶に会った方同士の会話も生まれました。

また6丁目散在ガ池公園東外周土手のシュロの葉を剪定し花桃を眺められるようにしました。

一方、滝ノ入南公園は子供たちがよく利用し、市内唯一のトイレも設置され防災、防犯上から住民の要請もあったので、5月27日(月)9時30分から2時間程、常連8名で中木に成長した樹々を40年振りに?強剪定し汗を流すと同時に和気あいあいの交流をしました。その間、丁度満開のハコネウツギに群がる蝶々、ゲートボール同好会の方々の声援も受けました。これも健康維持の手段です!

(参加者:今井、根本、国分リーダー、松岡、谷、八巻。写真・記録:柴崎、御法川)

シュロの大樹を剪定

枝払い前:トイレ付近の様子

いずみサロンの庭手入れ(番外)

⇒枝払い後:トイレ、防災倉庫屋根上、周囲が綺麗に!
剪定直後に、小学生の団体がトイレを利用

残材処理に大わらわ

最奥の崖上樹木と藤、アケビ等のツタ類を伐採

春の菜園作業を楽しむ!(H31,3月~R1, 5月)

春の菜園作業を楽しむ!(H31,3月~R1, 5月)

さわやかセンター傍の「新菜園」で3月の堆肥入れから始まった菜園作業は4月に入り面積も2倍に拡張し、毎週木曜日には5~10人の常連で9時30分から2時間程の汗を流すと同時に和気あいあい交流しました。

その間、里芋の畝がカラスに掘り返されて何度も遣り直し、ソラマメに付いたアブラムシの払い落し、キャベツの青虫取りで天手古舞でした。のらぼう菜は成長が早く穂先を積むのが間に合わない位でしたが春先の柔らかさは評判でした。

イチジクの幼木は称名寺さんのご好意で大きな看板の裏に植えられ今後の成長が楽しみです。

一方で山中の耕作放棄地を借用した新しいイベント用の「里山菜園」はスギナと笹との格闘後に深い穴掘り、堆肥、肥料入れに大汗を流しました。そこには手間の掛からないスイカ、カボチャの植付けを分担して手際よく行いました。

 (吉野リーダー、田中サブリーダー、写真・記録:長谷川実、柴崎、御法川)

新たに加わった方も一緒にミニ懇談で交流

5月18日のマルシェ用玉ねぎ等の収穫

草、笹取りに苦労

「新菜園」のある日の収穫風景

新たな「里山菜園」の開墾

深穴掘り後に肥料入れ

新たな「里山菜園」にも苗を植えて一段落の皆さま

「第7回今泉台文化祭」開催 ~「文化祭マルシェ」併催

「第7回今泉台文化祭」開催 ~「文化祭マルシェ」併催

アマとは思えぬ作品が

子供たちが赤ん坊の頃?の写真

昨年に続きハイキング途中来場の外国人達

パッチワークの大作も

緋毛氈の縁台で御抹茶を

手芸品の販売も

本年も5月18日(土)19日(日)今泉台町内会館に於いてNPO法人タウンサポート鎌倉今泉台、今泉台町内会共催で「第7回今泉台文化祭」が、また18日(土)吉ガ沢公園では「文化祭マルシェ」が開催されました。また昨年に続き北鎌倉台商店街では「オレンジ・フェスタ」も併催されました。

長期予報では雨模様で心配されましたが、晴れたり曇ったりのまずまずの天候。

9時半今泉台町内会館でのオープニングは、本年初めて男性コーラス「エルダー泉」の皆さんの「箱根八里」など力強い歌声でスタート。絵画・書道・写真・華道・手工芸・幼児絵画・小学生春休み絵画、書道教室作品など、いずれもアマとは思えないすぐれた作品が展示され、今泉台の文化水準の高さが窺われました。また、10年前の懐かしい写真展示も人気を呼んでいました。

文化祭の出展作品数120点、来場者数約430名と、人口5千人の今泉台にしてはもう少し来場者を欲しいところです。

一方吉ガ沢公園では「文化祭マルシェ」が5月18日(土)開催され、例によってコーヒー、生ビール、弁当、お結び、豚汁、和菓子、花、手芸品、野菜など、25店が出店。今回、野点コーナーに緋毛氈を敷いた縁台を置き、食品コーナーのテーブルにはクロスを敷き、お手伝いメンバーはバンダナを巻くなど雰囲気に留意しました。販売の方もNPO野菜、和菓子、弁当、お結び、豚汁、花などが1時過ぎには完売と、まずまず。NPO野菜はそら豆、絹さやが人気で、午前中に早々完売。そのほかの野菜もすべて午後には完売。

最後に会場準備等の裏方も含めて、本イベントにご協力いただいた大勢のボランティアの方々に心からお礼を申し上げます。

                     NPO法人タウンサポート鎌倉今泉台

TSKI第4回定時総会開催  ~ 前年度報告、今年度計画とも全会一致で承認

TSKI第4回定時総会開催 ~ 前年度報告、今年度計画とも全会一致で承認

 令和元年5月28日(土)今泉台町内会館に於いて、NPO法人タウンサポート鎌倉今泉台の第4回定時総会が開催されました。当日出席者30名と委任状38名で正会員総数84名の過半数を超え総会は成立。

 丸尾理事長挨拶の後、議長には柳井昭彦会員が選出され、議事に入りました。理事長の総括説明に続き担当理事より平成30年度の事業報告・決算報告、令和元年度の事業計画案・予算案が説明され、いずれも全会一致で承認されました。次の議案である理事・監事の信任も全会一致で承認。新任は松岡宏亘理事、田中重則理事、田中敦子幹事の三方。最後に理事の定数を最大10名から15名に増員する定款の変更も承認され、総会は終了。その後当法人の活動に関する自由討議の時間を設けましたが、やはりNPOを思うが故毎回出される若者の参加促進、NPOの知名度アップという、決定的解決策の無い永遠の課題が今回も提言されました。(吉川)

健康ハイキング第17回(中級):5/13(月)永福寺跡・展望 散策路コース!で春を楽しむ

健康ハイキング第17回(中級):5/13(月)永福寺跡・展望 散策路コース!で春を楽しむ

丁度良い気候の中、初参加2名を加え18名で初めての周回コース(6丁目公園~覚園寺道~永福寺上・散策路~理知光寺住宅街~浄明寺4丁目・天園登山口~瑞泉寺上・天園分岐~天園展望台(昼食)~6丁目公園)を巡りました。アップダウンが激しい箇所もありましたがゆっくり注意して皆さん6km、3時間の爽やかな林間を名残のホウチャクソウ、ムサシアブミ、タツナミソウ、締めは5丁目緑道のオオバウマノスズクサの花、黄花ニガナのオマケ付きで賑やかに懇親を深め乍ら山野草を楽しみました。

瑞泉寺上・天園分岐の大桐の花にはチョイ遅かったので来年は4月中頃に訪れたい。

Top根本、今井、Last田中、柴崎(Sweeper記録:御法川)

天園展望台広場にて(昼食歓談後)

理知光寺住宅街の最奥でムサシアブミを発見

 天園コースの林間を行く

健康ハイキング第16 回(初級):4/15(月) 春の「遠藤まほろばの里」で山野草を愛でる!

健康ハイキング第16 回(初級):4/15(月) 春の「遠藤まほろばの里」で山野草を愛でる!

遠藤まほろばの里・入り口で歓談

学食建屋

ユキモチ エビネの数々

大食堂の様子

昨夜の雨も止み絶好のハイク日和に24名(初めての方も5名)が参加。バス停慶大前から田園風景の中を徒歩20分で前日開園のNPO里地里山再生プロジェクトのボランティアの方々が丹精込めて手入れした珍しい野草の数々を1時間ほど堪能しました。初めて観るイカリソウ、ヒトリシズカ、ユキモチソウなど花が多く、長浜、根本さんの解説にも熱が入り皆、驚きと納得。園内には高齢者にも配慮したお手製の休憩コーナー、ベンチもあり歓談。掘り立て竹の子、絹さや、野草を買い求める面々も。

昼は徒歩20分程の慶大藤沢キャンパスの構内景観と昔懐かしいバラエティに富んだ学食を1時間ほど500円程度で楽しみました。バス停慶大前で1次解散し辻堂組みと湘南台駅組みに分かれ帰途に付いた。

(柴崎Topリーダー、根本、長浜、池谷、久住呂サブリーダー、御法川Lastリーダー)