9月20日 TSKI健康ハイク:台風一過、さわやかな天園~回春院地獄谷コースを歩く!

9月20日 TSKI健康ハイク:台風一過、さわやかな天園~回春院地獄谷コースを歩く!

台風一過でさわやかな涼風を受け、16名が参加。コロナ禍でも3密にならず、ゆっくり初秋のヤマユリ等の実、スズメウリ、野草の花々、アゲハ蝶等も見ながら歩き、回春院(休憩・お八つ、カワセミのオマケも)、西御門Up広場(休憩)でも会話を少々楽しみました。短い2時間強でしたが、十王岩からは雄大な太平洋・大島も眺望し、日陰で涼しい風と山の霊気を貰いストレスを解消しました。

9時30分に恒例のストレッチ体操後、6丁目公園をスタート~覚園寺鷲峰山・弘法大師座像の修復跡~天園・十王岩展望台~此処からハイカーの居ない回春院道・地獄谷コース下山~回春院~西御門出口~Up広場~十王岩方面~6丁目公園方面分岐~6丁目公園のコース2.2Kmを2時間で完歩。皆様、暑熱で運動不足の中を思いの外にUpDownが激しく、また先週の台風による倒木も数本見られ稍難儀の箇所もありましたが、暫くぶりの達成感に満足気でした。前回7月に体験した19年秋の連続台風の傷跡の補修跡もあり、温暖化地球危機の恐ろしさも再々認識しました。

(リーダー:長浜、村上、尾島、柴崎、田中、御法川・記録)

6丁目公園をスタート

ヤマユリが見事な種を熟成中!

天園6丁目分岐:連休で家族連れが多い!

神奈川景勝50選 十王岩から下る
(若宮大路、大島を望む) 

回春院:大震災の供養碑

山の霊気を浴びて休憩:回春院Up広場にて

21.8月の好天日・TSKI健康ハイク:ユニークな下見~荒井沢、散在ガ池、六国見山コース

21.8月の好天日・TSKI健康ハイク:ユニークな下見~荒井沢、散在ガ池、六国見山コース

コロナ禍と暑熱の中で健康ハイクは中止させて頂きましたが、近隣コースの状況は如何に?と、中~下旬の雨を搔い潜ってリーダー連の数人ずつが、当日、急に集まり身近な新コースの開拓下見を行いました。自粛して昼食は摂らずに携帯食持参し、ゆっくり観察でストレス解消も出来ました。

 

1)荒井沢の森・ミニ新コース:夏の花々が種を付けて来年の準備中でした。

さわやかセンター~尾根~皆城山~炭焼き小屋~畑脇~尾根~さわやかセンター 4km2Hr程度

自宅自粛と暑熱日で疲れ気味のリーダー連

ヤマユリが種を付け

皆城山は夏のヤマトラノオから満開のヒヨドリジョウゴに

マムシグサも緑色の種に、冬には赤~黒に変化

2)散在ガ池公園・超ショート往復:南門から夕暮れ時の尾根歩き往復は絶景です! 1Km1Hr程度

夕暮れ時の六国見山。裾の左奥に富士山が見られます!

飛地にはハナトラノオ(栽培種)

3)六国見山コース:天候が良ければ早朝はクリアな富士山、夕方は夕陽の富士山が見られます。

       山ノ内登山口~尾根~円覚寺外周道~頂上へ急登~尾根~山ノ内登山口 3.5Km2Hr

頂上に集う同類方々で交流(笑い)

頂上は センニンソウが至る所で満開

六国見山 頂上下にもヤマユリ種を発見

昼にも咲いているキカラスウリ:実が黄色になる
~カラスウリは朝になると萎み、実は赤~

                    (リーダー:村上昭夫、根本、今井、御法川・記録) 以上

7月20日 TSKI健康ハイク:猛暑の中、天園~回春院ショートコースを歩く!

7月20日 TSKI健康ハイク:猛暑の中、天園~回春院ショートコースを歩く!

梅雨明け1週間後の猛暑の中、15名(内2名が初)が参加。コロナ禍でも3密にならず昼食は摂らず、ゆっくり夏の蝶、野草の花も見ながら、回春院手前の広々とした広場で休憩も兼ねて会話も楽しみました。短い2Hrでしたが山の日陰で涼しい風に当たりながら雄大な太平洋・大島も眺望しストレスを解消しました。

10時に恒例のストレッチ体操後、吉ガ沢公園をスタート~天園4丁目登山口~半僧坊展望台~十王岩展望台~回春院道・西御門出口手前広場~覚園寺方面分岐~6丁目公園分岐のコース2..5Kmを皆さまの協力でペース配分も上手く行き、2時間で完歩。皆様、満足気でした。なお、ハイク道・傍らには19年秋の連続台風の傷跡の補修跡あり、倒木ありの変化もあり温暖化地球危機の恐ろしさも再認識しました。

なお、今回は割愛しましたが19年の台風で落下した覚園寺鷲峰山・弘法大師座像が修復されました。

(リーダー:今井、柴崎、田中、御法川) 

吉ガ沢公園をスタート!

路傍のノシラン熨斗蘭が最盛期

21,7,22夕陽受け 処を得たり弘法大師(鷲峰山)

神奈川景勝50選 十王岩へ(若宮大路、大島を望む)

19年の大型台風による倒木も整備され歩き易くなった

覚園寺の由縁書き

6月 緑地ボランティア・ヤマユリの会 保全活動を開始

6月 緑地ボランティア・ヤマユリの会 保全活動を開始

概要はTSKI通信に掲載の通りですが、市の木、花~山桜、ササリンドウに次いで名を馳せるアジサイに続き、かつては輸出の花形であった日本固有のヤマユリが町内外周のあちこちで散見されます。今泉台緑地ボランティア団体(町内会と協働で市に登録し活動)では、玉縄桜を実生から育てる会・活動に続き、ヤマユリの会を急遽立ち上げました。有志11人で5月末から1ケ月、町内のユリ分布図作成、ユリ周辺のミニ手入れ、支持棒・表示バーと共に「町内会・NPOヤマユリの会」の表示付け、開花状況見守り活動をしました。ヤマユリの適性から市・緑地(2号、5号)、散在ガ池公園の外周が主体です。延べ8日、延べ人数24が活動しました。

斜面の状況(日当り、水はけ、草の茂り方等)で大分差があり、開花は6/8から1ケ月続きました。

町内会報6月の「みんなの広場」に見守り、場合によっては一緒に手入れをお願いしたためか皆様の関心も高まり、散歩の際に見守るとか、近所の方々から感謝の言葉が絶えません。今後、冬の初めに種の採取等の作業予定です。

(今井、根本、今藤、長浜、村上、柴崎、広瀬、谷口、吉澤、尾島 記録:御法川)

6,20  5号緑地・ユリに囲まれ手入れ

6,13  5号緑地・中段には無数の開花

6,15 飛地にユリ初開花

6,25今6飛地角も開花

6,25飛び地・崖上のミニ群落

6,21湖畔アジサイロードにもヤマユリ

6,29  2号緑地のユリ,アジサイ,金糸梅の競演

6,26草刈り時の配慮で難を逃れ無事開花

6.3 今7にて手入れ作業中

今7岩盤で支持棒の工夫

今7中央奥のミニ群落前の人と談笑中

(左上)庭にも種が飛んで自生

6,25 今7散在ガ公園外周の群落があちこちで満開

TSKI健康ハイキング6月21日 荒井沢市民の森~皆城山の初夏を楽しむ!

TSKI健康ハイキング6月21日 荒井沢市民の森~皆城山の初夏を楽しむ!

鎌倉市の「まん延防止等重点措置」も丁度明けた6月21日に恒例となった3密を避ける工夫をしながら、18名で心と身体の健康にも配慮し実施しました。

さわやかセンター前でストレッチ体操後、コースは荒井沢市民の森へUp~皆城山~荒井沢Down・Up~市民の森・尾根からDown~さわやかセンター約3.5km、2.5時間でした。

初夏の新緑の中、山野草(ヤマユリ、オカトラノオ等)を勉強、ミニ手入れもしながら皆城山へ。持参のお八つ小休止後、ジャケツイバラ林のヤマユリ群落を期待しましたが北斜面の為、1週間位早過ぎました。

(リーダー今井、長浜、柴崎、田中、記録:御法川)

ストレッチ体操後に恒例の万歳!

マムシグサ左とウラシマソウ右の葉で比較

皆城山近くのオカトラノオが満開でした!

ヤマユリに絡んだ蔓を除去手入れ

フタリシズカ