竹細工 工芸技能の伝承:正月飾りの制作教室2件

竹細工 工芸技能の伝承:正月飾りの制作教室2件

今泉台には多様な工芸品の技術があり、19年12月には正月用に竹を利用した正月飾りの技術伝承が2件、成され玄関先で見事な景色を演じました。

その1)今1牧野師の正月玄関飾り⇒菜園Gr有志へ

8名(吉野、柴崎通子、根本、金井、谷口、塚原、高橋、柴崎、御法川)

 12/25の薄曇りの中、菜園関係でもお世話人なっている称名寺の庭先に10人程が集まり、先ず竹筒材料の竹を伐り出す。次いで目標の完成品と制作工程の説明を聞く。竹筒と竹ヒゴ2本によるシンプルで風格ある正月飾り、筒には水仙等の季節の花を活ける。最後に難しい飾り紐の結び方も学ぶ。

記録:根本、吉野、御法川

完成品の出来栄えを左右する要点と制作工程の説明

次に先端の斜め切り(綺麗な切り口のコツがある)

竹ひご2本を通し4回程、撚合わせ長楕円形にする。

玄関先と室内にて

早速カッターで竹筒の個別切り出し

ドリルで竹ひごを通す穴明け 

綺麗な形にするコツを学ぶ。

その2)今3田中和作師から⇒今7みち治療院の本田親子へ

 制作概要は孟宗竹を里山菜園上で採取し、植木鉢に3本の竹、松、実もの(千両等)~~を入れた後、鉢の外周に畳表の端切れを巻き付けたもの。

完成後、制作現場にて(右が田中さん)

早速カッターで竹筒の個別切り出し

スマホ初級相談のご案内

スマホ初級相談のご案内

「いずみサロン」では毎週第1水曜と第3水曜に、スマホ初級相談をお受けします。時間はカフェオープン時間の1時~3時30分です。何か分からないことがあれば、遠慮なくご相談ください。ただし、担当者の変更などで受けられない場合もあります。

 
 
健康のんびりウオーク:1丁目公園~2丁目・はてな工房見学~オレンジ川

健康のんびりウオーク:1丁目公園~2丁目・はてな工房見学~オレンジ川

今1-1-1上の高台にて

城後ハテナ工房の主を紹介

ユニークな屋外の焼き物

屋内の絵画

入口でお礼の挨拶

オレンジ川の紅葉

12/18(水)初参加も含め12名が1丁目ロータリに集合。1丁目外周崖の台風の傷跡、今1-1-1の場所を確認。お目当ての城後・ハテナ工房を見学。庭、家の中に所狭しと置かれた焼き物、絵画等の芸術品に皆さま、そのユニークさに感嘆。焼き物8千、西陣織絵等を含め1.5千。箱根、USAに展示館もあるとか。驚嘆!

終了後は希望者が6丁目クラブで昼食を共にし歓談しました。

(記録:リーダー長浜、田中、御法川)

TSKI健康ハイク・第23回:吉ガ沢公園~台峰~中央公園

TSKI健康ハイク・第23回:吉ガ沢公園~台峰~中央公園

急坂を上る

中央公園で皆様、寒そう。でも奥では子ども達が元気に飛び回る

12/9(月)は晴後曇りで寒気が厳しかったが18名が参加。コースは吉ガ沢公園~北鎌倉駅~女学園脇~台峰~配水池~中央公園脇の下山路~谷戸池~魯山人跡~山崎小~中央公園~バスで大船駅。

女学園脇から通常の逆コースで台峰に一気に登り寒さを吹き飛ばし、展望台から向いの六国見山の台風の傷跡を観望。改めて先日の台風被害に驚く。小休憩後、中央公園への道を間違えたが初めての谷戸池の眺めも幸運であった。山崎口から中央公園に入り昼食後に解散。モミジは丁度真っ盛りで堪能した。

(リーダー根本)  

SDGs緑の保全活動効果と新エコ活動スタート

SDGs緑の保全活動効果と新エコ活動スタート

マイバック持参のミニマルシェ

NPOTSKIは、地球温暖化の解決策としてSDGs持続可能な開発目標への取組みと「プラごみゼロ」運動の推進を宣言しました。その後、台風15号、19号の甚大な被害を確認する中で今迄の散在ガ池公園・飛地、地蔵前緑地、南公園等での緑の保全剪定活動の効果が確認されると共に限界も見えました。

一方、「プラごみゼロ」運動の第一弾・今泉台マルシェは雨のため縮小し野菜のミニマルシェとなりましたが、プラスチックの使用を減らすために、紙袋、プラ袋の再利用、お客様のマイエコバッグ持参をチラシで呼び掛けて当日実行した結果、好評で今後の進展が楽しみです。なお詳細は、いずみサロンのミニギャラリーに展示しました。    

(御法川)