3月15日 TSKI健康ハイク:絶好天の中、新装一部開園の「台峰緑地」を歩く!

3月15日 TSKI健康ハイク:絶好天の中、新装一部開園の「台峰緑地」を歩く!

1昨日の滝雨が打って変わって4月陽気20℃の絶好の花日和を20名で満喫しました。歩くと共に自重しつつもお喋りに心が浮き立ちストレス解消の面々でした。歩程4Km、2Hr。

コースは吉ガ沢公園~北鎌倉駅~北鎌倉女学園脇~台峰~新設された南管理事務所(配水池脇)~中央公園・梶原口~公園散策~昼食(1次解散)~バス、元気な方々は追加ウオークで大船駅、北鎌倉駅方面へ。

極力、車往来を避ける道を選びましたが~女学園外周に沿った新興住宅街の急登を経て台峰入口で休憩、

1年前から藪が整備され、今年になって新たに緑地として生き返った。江戸時代はこの尾根が通行路だったと栗田さんの説明を聞くうちに、展望台に到着。東南向いに広がる六国見山~山ノ内住宅街を見晴らす。

一昨年末には台風の傷跡を観望したものでした。

住宅街の梶原口から中央公園に下り、里山の佇まいに心安らぎ、広場で三々五々となり昼食を摂り解散。幸い人との出会いは北鎌倉駅付近の交通量と観光客の賑わいに比べ、山道は格段に少なかった。

(リーダー長浜、今井、村上昭夫、柴崎、田中、御法川記録)

吉ガ沢公園スタート

青空に映えるおかめ桜:山ノ内最奥・台峰緑地手前

台峰緑地・谷戸池下山口に新設の休憩コーナー

北鎌倉駅への道すがらの観察

富士山の雄姿に歓声:台峰・女学園運動場上から

台峰緑地(20,4,14に一部開園)
・南管理事務所前の早咲き山桜に驚く!

TSKI緑地ボラ活:散在ガ池公園・飛地にサツキ植栽

TSKI緑地ボラ活:散在ガ池公園・飛地にサツキ植栽

3/1午後は4月を思わせる今週最良の好天、夜は雨予報で絶好の植栽日よりでした。緑の保全活動の仲間8名でサツキ9本(田中敦子広報部長経由で戴いた)を散在ガ池公園・飛地に2Hr程掛けて植栽しました。

先ず鍬、ツルハシ、スコップで直径50cm程の穴を掘り、山土と市の植木残材堆肥を混ぜて土壌を作り成木を植栽し根元を締めて、水遣り作業で終了。最も難儀したのは斜面に網の目の様に張った樹の根と岩石群での穴掘りで、休憩時間には皆さん汗ばむ程になり水!水!との声が掛かり流石に疲れました。

なお事前に鎌倉市・公園協会と現地打合わせし、散在ガ池公園南門付近の外周ロードのアジサイと共にサツキも楽しめる様に計画したもの。今後は適時剪定と適宜サツキ、ツツジを追加植栽予定ですので今回参加出来なかった方々も是非ご参加を期待しております。

また、その後に飛地小山の安全な尾根歩き20分。この住宅地が開発された1960年代以前はなだらかな丘陵でヤマユリを始め種々の山野草が咲いていたそうで、その一端を垣間見るチャンスに恵まれたのはラッキーでした。

(今藤、根本、今井、吉野、村上、長浜、柴崎、記録:御法川)

先ずは穴掘りに難儀

終了後にほっと一息

オマケに尾根道散策

頂上の樹間から垣間見る富士山

次に植栽~堆肥遣り~水遣り

コンパクトに纏めた大量のゴミ

陽を浴びる破れ傘の幼木

2月16日 TSKI健康ハイク:雨後好天の中、荒井沢市民の森を歩く!

2月16日 TSKI健康ハイク:雨後好天の中、荒井沢市民の森を歩く!

1月に続き諸々のコロナ禍対策の上、好天の中、10時に念入りなストレッチ体操後、さわやかセンター登山口~荒井沢市民の森尾根~皆城山~荒井沢・極楽広場に下山~炭焼小屋ルートから登り返し~尾根~さわやかセンター登山口3.5Km、2Hrを19名(内初参加2名、荒井沢が初めての方4名)で満喫しました。

前日の大雨で泥濘も心配されましたが最近の干天には慈雨だった様子で全く問題なく、1人も転ぶ者も無かったのは日頃の鍛錬の賜物だったかな。

春陽気でオオイヌノフグリも咲き始め、畑のミニ白梅園は満開!青空に映えるゴルフ場、横浜市街を両翼に観乍ら皆城山では富士山の雄姿に歓声。長浜さんが見つけたウグイスカグラの可憐な花。荒井沢で1月に大氷柱崖が見られた様子が今井さんより説明され~残念だなあ~とため息。

本コースが初めての方も多く、暫くぶりに清々して良かった、春にはジャケツイバラ、ホウノキの花が見たいとの評価でした。幸い人との出会いも少なく2名のみでした。

(リーダー:今井、長浜、柴崎、田中、御法川記録) 

さわやかセンターをスタート!

倒木跡に新設の階段を行く

皆城山で小さな花を見つけました(長浜)

参考:極楽広場の氷柱(1月12日、今井、根本、御法川)

桂台南方面の標識が追加された

皆城山から富士山の雄姿

暖冬で氷柱は見れず残念な荒井沢

1月19日 TSKI健康ハイク:冬晴れの中、コロナ対策し六国見山の新ルートを歩く!

1月19日 TSKI健康ハイク:冬晴れの中、コロナ対策し六国見山の新ルートを歩く!

12月に続き好天の中、10時にストレッチ体操後、吉ガ沢公園~明月谷登山口・山ノ内急階段~山ノ内登山口~高野台畑ルート~高野台・南口広場登山口~六国見山頂上~岩中口3.5Km、2Hrを満喫しました。途中、栗田さんからS30年代の貴重な写真で町内・開発時の説明があり、興味深く聴きました。また高野台の畑付近では早くもフキノトウが!早春を告げる河津桜を鑑賞し、水休憩後に頂上に直登し、相模湾~富士山~横浜市街の270度を展望しコロナ禍を暫し忘れストレスを解消しました。皆様から初めてのルートで良かった、との評価でした。

 今回は緊急事態宣言で心身のストレスによる体調不良も出る中、解消の一助として最善の対策の下で実施しました。即ち参加は個人責任、コースは乗物使わず・人に出会わない新ルート(下見済)、感染防止マスクの着用と人間距離1mの確保、昼食は無し。距離・時間を短縮し体力温存し免疫力も維持~を出発時に確認した上で、何時もより少ない14名が参加しました。幸い何時になく人との出会いも少なくランナー1名、畑で1名、子ども連れ2組4名、頂上で2名のみでした。

(リーダー:今井、柴崎、田中、御法川)

吉ガ沢公園をスタート!

六国見山からの富士山の遠望

(参考)富士の夕照・散在ガ池公園南門上から

高野台の奥で河津桜がほころぶ!

陽に輝く眩しい相模湾