21.12 緑の保全活動・玉縄桜を実生から育てて5周年!

21.12 緑の保全活動・玉縄桜を実生から育てて5周年!

今泉台7丁目のご夫妻が2016年の実生から苦心して育てて来た玉縄桜・河津桜の話から、2017年に【今泉台さくらを育てる会】を発足させ初作業として2018年には3本を滝ノ入北公園に植栽しました。2020年は例年より1週間も早いサクラの開花で、当町内も7丁目クローバー広場等で満開を迎えた好天の3月3日、ひな祭りの日に「北公園の実生の桜」も初めて開花致しました。“2年後に花を期待”にピタリでした。花の色、佇まいから玉縄桜そのものOR河津桜との交雑と思われます。

敢えて言えば“吉ガ沢桜”と呼称しても良いかな~

5周年を記念して、その後の鎌倉市、公園協会との協働で散在ガ池公園への4本の植栽、ケアサロンさくらの開設記念植樹も含めて振り返ってみました。

樹齢50年の寿命が来て枯木となりつつある町内各所のソメイヨシノの更新を期待しております。

(常連メンバー:新谷、吉澤、今藤、根本、今井、柴崎、記録・御法川)

16年~17,12,31玉縄桜(実生育成・新谷)

18,3,30玉縄桜2年生を北公園に初植栽3本

19,1  18年の実生から(新谷)

18,3,2玉縄桜の成長

20,3,3 雛祭りに合わせるように初めて開花

20,4,24北公園飛地に2年生追加植栽3本

 20,6,18散在ガ池公園に初めて植樹4本(新谷実生2年生、根本実生1年生 各2本)

20,7散在ガ池公園・植樹後の生育状況見守り

14,4,5 ソメイヨシノが満開の様子

19,9 2年生の2本(根本)⇒ 21,2玉縄桜:ケアサロン桜に植樹By稲田・NHK取材

21,8冷蔵庫に2ケ月入れ 芽吹き(実生育成・根本)

21,8,30仮鉢で順調に生育の1年生

トレイで葉が出始める

21,11ポットに植替え、21本も5~15㎝

11月16日 健康ハイク:今泉から秋晴れの荒井沢市民の森を歩く!  町内会、NPO共催

11月16日 健康ハイク:今泉から秋晴れの荒井沢市民の森を歩く!  町内会、NPO共催

コロナ禍が緩和され、6月に続き好天の中、9時30分にフィットケアマートに集合した13名(内初参加1名。ストレッチ体操後、初めての下記ルート 4.5Km、2.5Hrを楽しみました。

今泉1丁目登山口~(鎌倉市・横浜市市境道)~急右折し荒井沢市民の森尾根~皆城山~炭焼き小屋へ下山~荒井沢・極楽広場(昼食)~畑への急登(新ルート)梅林畑~さわやかセンター口・白山神社口分岐各(6名ずつ2Gr)

登山口の道すがら旧跡に精しい栗田さんから馬頭観音の謂れ等の説明があった。また花が少ない時期とは言え、ノコンギク、キチジョウソウの薄紫の花、マムシグサの赤い実、ヒヨドリバナの大量の種の群落に加え、帰路に山ラッキョウの可憐な小花も発見。皆城山では残念ながら富士山は見えず、富士山は最近の散在ガ池公園・南門付近の大伐採で雄姿が見られる様になった!の声もあった。1月には荒井沢で大氷柱崖が見られた様子が今井さんより説明され来年に期待。本コースは初めての方も多く、暫くぶりに清々しさを堪能しました。

幸い、人の出会いは1名、畑作業の方1名を遠望のみ。

12月は20日(月)、皆さんの希望もあり「大磯庭園巡り」が良いかな~と。

(リーダー:今井、栗田、田中、御法川記録) 

フィットケアをスタート!

極楽広場で昼食後のひと時

小さなキチジョウソウ吉祥の花

珍しい山ラッキョウの可憐な花