12月の散在ガ公園飛地の緑の保全見守り:野草とナラ枯れ

12月の散在ガ公園飛地の緑の保全見守り:野草とナラ枯れ

急激に寒波が襲ったある日の夕方、緑の保全活動の見守りの一貫として昨年の台風で荒れた飛地の様相を探索した。頂上付近にあった野草蘭2株が昨冬は見る影も無かったが、今年は何とか蘇った様相だが、花芽は見えず、どうなるか?見守りたい。また散在ガ公園の内部のコナラ類がナラ枯れで壊滅的被害を受ける中、案の定、飛地のコナラ大木もキクイムシ(ナラ菌を媒介)で壊滅状況。その内、立ち枯れで落木が発生し周辺の住宅が影響を受けないか?

危ぶまれる。現状と今後の対応を鎌倉市から管理委託を受けている公園協会に確認した所、承知しており今後も見守るとの由。

(御法川)

野草蘭は無事だったが花は如何か?

ナラ枯れ(キクイムシで白い粉状)で倒木の危険

夕闇に浮かぶ貯水槽と住宅

台風による多数の倒木手入れ跡

12月15日 TSKI健康ハイク:秋晴れの中、天園~横浜自然観察の森を歩く!

12月15日 TSKI健康ハイク:秋晴れの中、天園~横浜自然観察の森を歩く!

11月に続き好天の中、9:30にストレッチ体操後、6丁目公園~天園大平山~横浜自然観察の森5.5Km、1万歩、3Hrを22名で満喫しました。元茶屋下の天園近隣では最も遅いイチョウの黄葉とモミジの紅葉のグラデーションは今年も見事だった。またテイカカズラの種子、自然観察の森管理棟のカマツカ大木の赤い実が見事な中で夫々に昼食を楽しみました。

昼食後は の森コースを小1時間散策し管理棟に戻り1次解散。その後、初級はバスで大船へ、健脚の中級は来た道を6丁目公園に戻り、ストレス解消に万歳しました。

                       (リーダー:今井、長浜、村上、柴崎、田中、御法川)

6丁目公園をスタート!

天園~自然観察の森への途中で大倒木

イチョウの黄葉とモミジの紅葉がグラデーション

自然観察の森への分岐

町内会・NPO TSKI協働:みどりのレンジャー活動、ついに実施される!

町内会・NPO TSKI協働:みどりのレンジャー活動、ついに実施される!

秋空の下、9月、10月の雨天中止を経てヤット実施出来ました。NPO TSKI・町内会13名、鎌倉みどりのレンジャー12名(内住民2名)、公園協会4名の合計27名が参加。準備体操後、散在ガ池公園・飛地外周を道路から1m程、下草の全面刈り込み、張り出した枝の除伐、アジサイ剪定等を行いました。休憩タイムでお喋り交流も図った後、残材は公園協会が軽トラで手際よく積み込み回収頂きました。

なお平地で安全な場所はレンジャーが刈り払い機で効率良く実施。また3密に配慮しマスク着用でしたが、暫くぶりの作業に汗を流し交流を通じてストレスも解消できたと喜び合いました。来年度は10,11月の第3土曜日を予定しておりますので奮ってご参加ください。

更にNPO TSKIでは緑の保全事業として「サクラを守る会」活動に続いて、「ヤマユリを守る会」を発足させ散在ガ池公園外周のヤマユリの保全活動(注意用ポールを立てる程度)を実施中ですので、皆様のご協力をお願い致します。      

(NPOリーダー:今井、柴崎、田中、御法川・記録)