9月健康ハイク&のんびりウオークをコロナ禍・小人数で実施

9月健康ハイク&のんびりウオークをコロナ禍・小人数で実施

健康ハイク、のんびりウオークとも7月は長梅雨、8月は暑熱で中止。9月に入り天候不順もコロナ禍も落着きを取り戻してきた。

そこで健康ハイクは昨秋の台風や豪雨による通行止めが整備・開通されたコースでリスクを避けつつ9月15日に実施。6丁目ひろばをスタートし、永福寺跡⇒獅子舞谷⇒天園⇒6丁目ひろばに戻る4㎞、3時間のコースで13名が参加しました。参加者も「ハイキングは野外活動であり、注意することが見えてきている。むしろ巣ごもりで、体力や気力が衰えていくことの方が心配だ」 との意見でした。

常連の皆さんは身の回りの出来事や知り合いの近況など、さわやかな秋晴れの自然と同時に久しぶりの会話を十分楽しみ、再会を約しました。(リーダー:今井、長浜、田中、柴崎、御法川)

健康ハイク;天園で昼食後のひと時

天園・倒木崩落部(右側)への仮設通路

また健康のんびりウオークは“町内の新たな魅力を探そう”という訳で、流行のOpen Garden Specialお彼岸編を9月25日に雨の合間を縫って急遽トライ。6丁目の根本邸の山野草園にて。所狭しと植栽された2色の彼岸花、風蘭等・各種のラン、ムサシアブミ、半夏生、ポポーなど。おまけにメダカも。4名がマスク姿で会話も存分楽しみながら勉強とストレス解消の小1時間でした。(リーダー:根本)

根本Open Gardenにて

風蘭 6月満開の時節

(記事:田中、御法川)

TSKI 緑のボラ活・アジサイ花後の剪定:スッキリと真夏を迎える!(R2年7月)

TSKI 緑のボラ活・アジサイ花後の剪定:スッキリと真夏を迎える!(R2年7月)

湖畔アジサイ道路トンネル手前のアジサイ剪定作業

山ノ内・明月ガ丘のアジサイ剪定後

地蔵前道路のアジサイ剪定後

湖畔トンネル下~散在ガ池公園正門の清掃

7/19付近には未だヤマユリが!

散在ガ池公園・南のアジサイ道路の剪定後

7月は皆様、色とりどりのアジサイの花を楽しまれたでしょうか。連続雨記録が報じられる中、晴れ間を縫って7/2~24、13回に亘り、個人、ミニGr単位で延べ29人にて各地域の花後の剪定を行いました。

今年は雨が多くアジサイの成長が著しく、且つ昨年、剪定不足気味の場所もあったので、特に湖畔道路沿いのさわやかセンター~湖畔トンネル間及び地蔵前道路の今泉派出所~白山神社バス停間の歩道の街路樹回りに注力しました。同時に「街路樹愛護会」として雑草抜き、枯葉清掃、街路樹のヒコバエ剪定も行いましたが余りにも大量で必ずしも満足のゆく見栄えになっていないかも知れませんがご容赦ください。

残材は緑地等の空き地、散在ガ池公園に戻すことを基本にしましたが、一部は袋に入れ、空缶、コロナマスク他ゴミ4Lと共に市に回収頂きました。

なお通学路、通い道でもあり、行き交う大勢の皆様から感謝の言葉も戴きました。

“コロナ禍に加え、長つゆの中、憂さ晴らしに心身共に解放されました”と参加者の声。

7/21ミンミンゼミ、ヒグラシの初鳴に (記録:リーダー根本、今藤、小林光、今井、柴崎、御法川)

TSKI「今泉台さくらを守る会」で散在ガ池公園に玉縄桜の幼木を植栽

TSKI「今泉台さくらを守る会」で散在ガ池公園に玉縄桜の幼木を植栽

市・公園協会と事前に立会い

奥から2本は根本・実生で1年生

次の2本は新谷・実生で2年生

植栽結果

最後に一同でご苦労様!

4/24の滝ノ入北公園への植栽3本に続き、6月18日 梅雨の合間、夕方から雨!予報の好機に急遽散在ガ池公園に6名が集合し1時間ほどで4本を植栽しました。

下草の笹の茂み、桜の根切に鍬、小鍬、つるはしを有効に使い手際よく穴を掘り、堆肥を入れ、幼木を植えました。作業中に常連、来園者から、“楽しみです、ご苦労様!”と激励を受けました。

なお事前に市・公園課、公園協会と立会い、植栽場所、手入れ方法を決めた。花が咲かなくなり老化が激しい古株の間に先ず4本植栽し様子を観ながら適宜、追加し更新して行くことにした。また古株は幼木の成長に合わせて市・公園協会が大枝、主幹を切り落とす。

(参加者:根本、新谷、今藤、今井、菅野、御法川)

TSKI健康のんびりウオーク:今泉台7丁目外周の山野草を楽しむ・6月の一コマ

TSKI健康のんびりウオーク:今泉台7丁目外周の山野草を楽しむ・6月の一コマ

昨年の台風禍を乗り越えて雄姿を見せたヤマユリの大輪

気さくな奥様との交流の一コマ(ご主人の見事な菜園ほかの話で花が咲きました)

健康ハイクに続き4ケ月振りに3密を避ける対策の下、6月23日、10時に湖畔バス停に集合した8名で7丁目外周・右回りの平坦なコース2Kmをユックリ1,5時間掛けて巡りました。昨年の台風禍を乗り越え、見頃の10年物の見事なヤマユリ他の花々と深緑(長浜リーダーの解説)を楽しみながら道すがら近所の方々との交流もあった意義深いグループハイクでした。

終了後、一部の方で6丁目クラブにて昼食懇談。

(参考)その他に檜扇水仙、ムベ、何じゃもんじゃの木、真竹などの見所満載でした。

(御法川)

TSKI健康ハイク:荒井沢の森・新周回コースでコロナ禍を吹き飛ばす6月の一コマ

TSKI健康ハイク:荒井沢の森・新周回コースでコロナ禍を吹き飛ばす6月の一コマ

未だ自粛中ですが3密を避ける対策の下、6月16日、10時に白山神社バス停に集合した13名で恒例の山道に入り、稍迷いやすいUpDownコース(畑への急登~尾根~湘南ハイツ分岐を右折~横浜のグランドキャニオンを観乍ら尾根歩き~桂公田町に下山~永久の杜霊園・老人ホーム~極楽広場(昼食)~700万年前の古い地層帯~谷戸田の池~ジャケツイバラ・ホウノキ林へ急登~皆城山~横浜市・鎌倉市市境尾根~さわやかセンターへ下山)でしたが皆元気よく4Kmをユックリ3,5時間掛けて深緑と花々(長浜リーダーの解説)を楽しみながら4ケ月振りのグループハイクでした。

(参考)ミズキ/クマノミズキの花、ムラサキニガナ、ムラサキシキブとヤブムラサキの違い、花筏・大株の実、タツナミソウは実、オカトラノオが丁度満開、ヤマユリは予想外に未開花、ウラシマソウの青実、カンアオイ、キンラン盗掘跡に掲示など。動物ではアゲハの幼虫、梅の実が完熟で勿体ない!などの見所満載でした。

(御法川)

畑の上で山野草の説明

荒井沢のオカトラノオが真っ盛り

桂公田町に下山、開発の波で大コンクリート壁

湖畔道路でゴミ拾い&落葉の清掃をご苦労様!